自動車ローン

スポンサーリンク
  

 

新しく車を買う時に、ローンにするべきか、現金で支払うべきかを迷う人は多いようです。

スポンサーリンク

 

現代人にとって、車は日常の足ともいえる存在になっており、自分が自由に使える車を多くの人が持っています。買い物や家族でお出かけの際に必要となる自動車は、たいへん便利な移動手段であるだけでなく、通勤にも多くの人が利用しています。

 

仕事でも家庭でも移動の手段として必要不可欠なものとなっている自動車ですが、購入する際は高価なものであるためにたくさんお金が必要です。

 

 

何年も前に購入した車をいつまでも使い続けている人や、トラブ ルが起きる可能性を感じながらも、乗れるうちは乗り続けようと、買い換えないことを選択する人がいるのも、車が高い買い物だからです。

 

まとまったお金を出す踏ん切りがつかないと、新しい車を買うことはできません。車を買うためのローンを組む人と、ローンに頼らず自己資産で支払いを済ませる人がいます。

 

他人からお金を借りて、自分の買いたいものの支 払いにあてるというやり方に対して、ネガティブな印象を抱いている人は、案外多いようです。

 

ローンを組んで車を買うための資金を調達するほうが、現金払いにするよりも、お得に済むケースもあります。

 

自動車のディーラーで現金一括で車を購入する際には、値引きの交渉にある程度応じてくれますが、ローン支払いの場合はより多くの金額を割り引い てくれる場合があります。

 

スポンサーリンク

 

この理由は車の購入代金を現金一括支払いにすると、ディーラーはローン支払いと比べて利益が少なくなるので、あまり値引きが出来ないのです。価格を安く抑えることができるのは、ローンの支払いは金利に基づく利息がつくので、自動車の本体価格を安くする余地ができます。この利息がもうけになって、値引きの原資となるのです

 

自動車を買う時にはローンを利用することで、ディーラー が値引き交渉に応じてくれやすくなるというメリットがあるといえます。

 

車を購入する時のローン審査は、比較的審査が緩いのでOKが出やすく、使いやすいことから、大勢の人が活用しています。車という担保があるからでしょう。

 

自動車を初めて購入する人で最初から現金で一括購入できるという人は そうはいないと思われます。

 

日頃の買い物と比べると、車の価格は格段に高くなります。そのため、一括で支払わずに、自動車ローンを組む方法が、支払いの負担を軽減します。

自動車販売会社の中には、カーローンを取り扱っている金融会社を子会社として所有している ところもあります。

車を売り込む時に、同時に子会社の自動車ローンも売り込むことで、車を購入しやすくしてくるディーラーも存在します。

 

 

スポンサーリンク

 

自動車ローンの条件の一つに、残価設定型ローンというものがあり、利用する人がふえています。返済を開始する時点で、 何年後に幾らで車を売却するかをはっきりさせておきます。

 

 

返済金額は残価を除いた金額として、決まった時期になったら車を売って残価でローンの残りを支払います。

残価設定型のローンを用いれば、ローンの金利は車の購入代金の全額に対して設定されることは無いので、借入総額が減って利息が安くなるメリットがあります。

 

ローンを組む時に、あらかじめ残価分は引かれていますので、それだけ利息は抑えられますし、返済もスムーズにできるようになります。

 

 

残価設定型ローンを組んだ場合、一定の期間が経過してから、自動車を売却し残価で支払う か、残価分を支払うかを選択することができます。

 

自動車ローンを残価設定型で借りた場合、 車を手放す時になって、評価額が見積もっていた残価に達しない場合は、差額分を支払わなければいけなくなります。そういった不確定要素も含めて、どのようにローンを組むか考える 必要があります。

 

スポンサーリンク

 

高額な車を買う時には、ローンを利用することが多いですが、ローンの内容によって返済の内訳が変わってきますので、きちんと検討してみましょう。

 

自動車を購入するためにローンを組むなら、いくつかの金融会社のローンについて調べてみましょう。

車は高額な買い物であるため多くの場合、現金ではなくローンを利用して購入することになると思います。

 

 

車のローンを利用することになった場合、基本的には銀行を利用して借りることになります。車を買うためにローンを借りるなら、金利が低く大口融資が受けられる銀行が便利ですが、ノンバンクからも借りることができます。

自動車の販売会社の中には、 特定の金融会社のカーローンと提携しているケースもあります。

 

ローンも、自動車販売にも対応しているというディーラーの場合は、車を買う時に、一緒にローンの申込みができたりもします。ディーラーが提携しているローンは審査に通り安く、手続きが簡単にできますの で、確認してみるのもいい方法です。

 

スポンサーリンク

 

特に近年は、金利は比較的低いところで安定しているので、銀行以外のローンも選択の余地が十分にあります。

車のローンを取り扱っている金融機関は意外に多くあり、顧客獲得のためによりお得に利用できるようになってきています。

 

 

金融会社数社の貸付条件を確認することで、どのくらいの条件で探せばいいかも把握でき ます。

ローン選びでは、低金利のところを探すようにしましょう。返済総額を少なく抑える には、金利が低いことが重要です。

 

車の購入資金を調達するためにローン融資を受けるとい う場合は、銀行や信販会社の貸付条件を調べて、条件のいいところを探すようにしましょう。

 

ローン金利の比較検討はローンを組むときの必須条件です

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
4.資産運用
フォローする
転勤から見える景色

コメント