IPO初値と現在の持ち株

スポンサーリンク
  

 

本日(9/29)、生まれて初めてのIPO初値の結果をお知らせします。

結果から言うと、散々な結果となりました。繰り上げ当選と言うところに若干の不安がありましたかから、当然の結果なのかもしれません。

だって、繰り上げ当選と言うことは、どなたかが折角当選したのに、キャンセルしたと言うことですよね。その人は見る目がありますね。

自分は、やはりまだまだです。

 

9260:西本Wismettacホールディングス

購入価格:4,750円
本日終値:4,375円 ▼375円

よって今日の初値だけで ▼37,500円 の損失。

 

スポンサーリンク

 

 

はじめてで、これはちょっと情けないですよね。

まあ、学習と思って諦めましょう。

 

 

本日の日経平均は、▼6.83 とほぼ横ばいでした。ドル=円も112円半ばで、まあ居心地は良かったのでしょうが、週末、月末、9月期末の要因と日経平均構成銘柄の入れ替えもあり、動きは取りにくいのではないでしょうか。

 

来週からは、名実ともに10月入りで、年末に向け、また、衆議院選挙もあり、不安要因もありますが、じり高を予想します。

しかし、肝心なのは自分自身の持ち株が気になるところです。

最近、売り買いを頻繁にしましたもので、少しずつではありますが、利益が出ています。

 

 

スポンサーリンク

 

2371:カカクコム
4217:日立化成
5563:新日本電工
6390:加藤製作所
6644:大崎電気
7261:マツダ
7270:SUBARU
7956:ピジョン
8316:三井住友FG
8604:野村証券
8934:サンフロンティア不動産

を保有しています。そのうち、赤字は赤字、トータルは黒字

特に、マツダと新日本電工は高値づかみしていて、早く損切りすればよかったのかと後悔もしています。でも、かなり「ヤレヤレ」となっているので、まあいいかって感じですね。

 

なんと言っても、サンフロが大きいですね。最近の株価上昇で、赤字幅は小さく、黒字幅が大きくなってきております。

選挙前には売り抜けようかなとは思っているんですが、欲に目がくらんで売りにくいですね。

最近では、鹿島建設と竹内製作所は、売ると上昇を始めました。情けないです。

 

 

 

しかし、株式をはじめて20年近くになりますが、何一つ考え方は向上していませんし、倍々ゲームのように儲かったと言うこともありません。

毎年、トントン、ちょいプラス、ちょいマイナスの繰り返しです。

1番儲かるのは、証券会社の手数料でしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

それより、毎月の積み立て投信がパフォーマンスが良いですね。何も考えることはなく、じっとしていれば、「ドルコスト平均法」の長期で安心していられます。

長い時間であれば、山もあり谷もあります。その時に一定額を買えば、少し上がってくると利益が出てきます。

安倍総理と黒田総裁の金融緩和のおかげです。民主党時代に日経平均が下がっていたときはさすがに積み立て投信もマイナスでした。

1番コストの安い、トピックスオープンのようなので、十分でしょう。

 

 

特に、若い人には勧めたいですね。最初は1万でも2万でもいいので、積み立てましょう。自分が暮らしていくのに苦しくない程度の金額でいいので、とにかく忘れて積み立てることです。

気にしていると、使ってしまったり、マイナスやプラスが気になります。とにかく忘れることです。そして、少し余裕が出たら積立額を増やしていけばいいと思います。

 

老後なんて、先だと思ってもいずれやってきます。年金もありますが、それだけでは余裕はないでしょう。

 

そうしていると、国際・経済にも強くなって、外貨とか外国株式とか考えたらいいと思います。最初は種銭を貯めることが大切ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

今日のまとめ

安易なIPOにはのらない。

年末までは株高が続くと読む。
(余裕のある資金で遊ぶ)

積立型投信は長期で考える。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
4.資産運用
フォローする
転勤から見える景色

コメント